カーディテイル

お車の状態やご予算に合わせて、
リペア・コーティングを施工いたします。

トータルディテーリング

車のキレイをトータルコーディネートします。

「車をキレイにする」
この依頼を上手にお願い出来ますか?
多分皆さん何となくお願いしていませんか。
上手にお願いを出来るという事は「キレイにしたい」という気持ちを、相手にしっかりと伝えるという事です。
大切な愛車だから、本当は他人に委ねたくはない・・・
しかし、どうやってキレイにして良いか、分からない・・・
自信がない・・・時間がない・・・
ならばせめて上手にお願いするべきです。
上手にお願いして思い通りの仕上がりを手にしましょう。
皆様からの心からの上手なお願いをお待ちしております。

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

内装クリーニング

全体の確認

車両・・・・BMW Z3 2.0i
年式・・・・2000年
走行距離・・98775キロ

車両の状態としては5年間以上放置されていてインテリアの全域にカビが発生しています。
埃と汚れもあり、内装クリーニングをするにはこの上ない状態です。

今回この車両をプロの施工者2名でどこまで綺麗に出来るかをご覧下さい。

エアブロー

室内全体にエアブローをします。掃除機では取りきれない細かな埃、手の届かない場所にある埃、塵を取り除きます。

掃除機

エアブローで細かな塵、埃を取り除いた後は掃除機がけをしてさらに綺麗にします。掃除機は目に見えるものがなくなるまで続けます。

拭き取り

エアブロー、掃除機で取りきれない汚れは根気強く拭き取ります。レザーや樹脂類の汚れは表面への付着が多いので下処理として十分に濡らしたタオルで力を入れず拭いていきます。次ぎに乾いたタオルで拭きます。目に入っている汚れは専用の道具を使って除去します。プラスチックや本木目パネル、トリムは濡らしたマイクロファイバータオルと乾いたマイクロファイバータオルを使います。センターコンソール、ハンドル周りの施工の際は各機能が作動しないようにエンジンを切ります。スイッチ一つ一つ丁寧に仕上げます。全体を見ていると目が遊んでしまうので、一点に集中します。2人で作業をする場合はお互いの施工箇所を確認しながら進めます。

エアブロー&掃除機

再度、細かな塵、埃をエアブローと掃除機で取り除きます。そのタイミングでガラスの内窓に付着した汚れ、油分をシリコンウォッシュで拭きます。

レザー仕上げ

十分に綺麗になったレザーですが、拭き取りはあくまで拭き取りで、細かな汚れや油分は付着しています。綺麗に艶のあるシートを見た事があると思いますが、それらはコートしていなければただの油分です。その油分を取り除く事で本来の質感が姿を現します。その為に特殊な液剤を満遍なく霧吹きでかけて硬く絞ったタオルで丁寧に拭きます。

細部の仕上げ

全体的に元の姿が見えてきたところで再度その全体を見直します。綺麗になればなるほど細かなものが気になります。そのような不快な思いをされないように細部に至るまで再確認します。

完成

美しく生まれ変わった車両をご確認下さい。

内装価格表

価格(税込み)
レザー&ビニールリペア シート部分修理 ¥25,000~
フロント・セカンドシート1脚修理 ¥29,000~
リアシート修理 ¥37.000~
サードシート修理 ¥35,000~
ヘッドレスト/アームレスト修理(1個) ¥12,000~
ステアリング修理 ¥13,000~
シフトノブ修理 ¥10,000~
センターコンソール修理 ¥19,000~
アニリンダイング 20~30%UP
コンビシート・その他(2色) 20~30%UP
ドアトリム部分修理 ¥15,000~
ダッシュ&プラスチックリペア プラスチックパーツ修理 ¥12,000~
ダッシュパネル部分修理 ¥15,000~
ダッシュパネルひび割れ修理(パーツのみ) ¥35,000~
ベロアリペア ベロアシートこげ穴修理(単色) ¥5,000~
ヘッドライナーこげ穴修理(単色) ¥8,000~
クリーニング レザーシートクリーニング/台 ¥25,000~
クリーニング(その他) ¥8,000~

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

外装クリーニング(洗車)

全体の確認

車両・・・・BMW BMW Z3 2.0i
年式・・・・2000年
走行距離・・98775キロ

ヘッドライト黄ばみ
ガラス水垢
ボディー水垢、埃、汚れ
エンジンルーム汚れ
ホイール鉄粉、汚れの張り付き
幌汚れ、付着物あり

車両の状態としては5年間以上放置されていて外装クリーニングを施工するにはこの上ない状態です。

ホイール洗浄

外装の基本は足元からとなります。不用意に水をかけてしまうと足元を洗っている段階で上面が乾いてしまい、ウォータースポットやイオン性のデポジットが出来てしまいます。ですのでホイールを一本づつ仕上げます。ホイールを調整可能な高圧洗浄機で汚れを飛ばしながら十分に濡らした後、鉄粉除去剤を噴霧します。鉄粉が表面化するのを待って一度流します。再度鉄粉除去剤を噴霧し、ホイール専用道具で汚れを落とします。ボルト隙間の汚れもきちんと取り除きます。これらの工程を繰り返し綺麗にします。

エンジン洗浄

エンジンの洗浄は電装系、点火系を十分に気にしながら洗浄します。高圧洗浄機で汚れ、埃を取り除きます。次ぎにスポンジで洗浄します。こびり付いた汚れはパーツクリーナ等を使用して落とします。綺麗になった事を確認し再度高圧洗浄します。エンジンは拭く程度では水分は取りきれませんのでエアーブローします。このエアーブローはエンジンの水分が完全に取れるまで続けます。

ボディー洗浄

ボディー全体を高圧洗浄します。幌にかける際は上から水圧を調整してかけます。ボディーも部分に合わせた水圧で丁寧に汚れを確認しながら流していきます。

ボディーウォッシュ

中性洗浄成分の原液と水を自動調整したキメ細やかな洗浄液をボディー全体にかけてきます。その洗浄液が重みで流れるタイミングでマイクロファイバータオル又は専用のスポンジで洗います。洗うときは下側の汚れを万一にも引きずらないように上面から洗います。その時、ガラスの油分も綺麗に取り除きます。洗車はなるべく早く次の工程に移るようにします。天候によってはパネルごとに洗う、流すを繰り返します。ヘッドライトには予め特殊な液剤をかけて表面についた黄ばみを浮き出させます。

高圧洗浄

濃度がある洗浄液なので高圧洗浄は丁寧に洗浄液を落とします。

拭き上げ

先ずガラス面にある水分をシリコンの水かきできっていきます。きった水分が水かきに付いたままでは同じ事の繰り返しなので一回事にタオルで水かきを拭きます。僅かに残った水分は乾いたタオルで拭きます。これでガラスは僅かに紫の色が反射するとても綺麗な状態となります。
高圧洗浄した水分を利用して液体コートを施工します。ボディーコーティングの場合はエアーブローをしてから研磨となりますが、今回は洗車なので簡易的に光沢と艶やかな質感が出るケミカルコートを使用します。塗れたボディーにスプレーで塗布し、専用のマイクロファイバータオルで拭きます。余剰成分は乾いたマイクロファイバーで拭き取ります。

仕上げ

ボディーに付いた僅かな水分はエアーブローします。サイドミラー、ヒンジ周り、下回りを確認し、タイヤワックスをかけて完成です。

完成した車両は5年以上前の輝きを取り戻し、本来の姿を見せてくれました。室内には埃一つなく、外装は空を無駄な反射もなく写します。私達の技術は如何でしたか。あなたの心に響けば嬉しいです。では完成した車両をご確認下さい。

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

コーティング

バリアクリスタル

驚くほどのツヤ。→ シットリと濡れて透き通るようなボディに変身する。
汚れにくくなる。→ 親水効果により、雨が降ると同時に泥や埃が落ちる。
洗いやすくなる。→ ガラス被膜が汚れを染み込ませず、洗車がスムーズ。
ワックスは不要。→ 水洗いだけでツヤが出るのでワックス作業は必要なし。

静電気が激減。→ 乾燥時期に起こる、静電気の「パチッ」がなくなる。
色褪せしにくい。→ 親水効果により水玉ができないので、塗装焼けがなくなる。
油膜防止にも。→ ウィンドーガラス等の油膜がつきにくくなる。
ホイールにも効く。→ 取れにくいタイヤホールの油分や汚れが落としやすい。

ポリマー加工の利点

ポリマー加工の利点は数多くございます。結局は車がキレイになるんです!
女性がキレイになって多くの利点、自信が得られる様に、車も、それはそれは多くの利点を得るのです。
それを理屈立てるよりも、ニュアンスで伝わればそれで十分です。

ポリマー加工の施工時期

ベストな塗装を長い間維持し守るためには、少しでも早い段階でコーティング加工することが大切です。
是非お早めに施工する事をお奨め致します!!
早々の時期をオススメする理由の一つとして劣化という問題があります。その劣化を防ぐ手段にもなりますので「最近洗っても汚い」「洗いたいんだけど時間がとれない」と思う事があればそれは施工時期ではないでしょうか。

ポリマー加工の手順

1.現車確認 今の車両の状態をしっかりと把握します。
きちんと今を理解する事が思いやりのある作品への第一歩となります。
2.洗車 キズの原因となる大小の埃・塵などを高圧洗浄でさっぱりと洗い流します。
専用シャンプーと専用液剤を用い足回りから十分なソフト泡と水で洗います。 この時点でホイルはピッカピカです。
3.除去 車に明らかに必要のない塗装面に付着した鉄粉、ペンキミストなどをトラップ粘土等でとりのぞきます。
4.養生 マスキングテープによりガラス、各ゴム、モール類を保護します。
5.再確認 車に必要の無い汚れを除去すると本来のキズ、汚れが浮き彫りになります。
この状態で初めて車のダメージを具体的に判断することが出来ます。判断の方法は施工者によって様々ですが、マスターピースマンはキズに名前を付けていきます。(例、マリリン、ウィリアム、キャサリン、マイケル、因みに一番強烈な奴は裕次郎です。刃牙参照)
そしてそれに対抗する勢力(バフ、コンパウンド、そしてポリッシャー)を選びます。これを違えると無駄な時間を要し、または消えない、消せないという事になります。
6.磨き 自分を信じてひたすら磨きます。この時ばかりはスラムダンクの流川楓に変貌します。
(何人たりともオレの磨き妨げる奴は許さん)見た目は程遠いですけど・・
その中で塗装の状態を判断し、ポリッシャーで超微粒研磨剤を用いて塗装の小キズやツヤボケした塗装面を新車時の塗装状態に近付けます。これを鏡面仕上げといいますが、この仕上がりこそがこれまでの集大成であり、結果であり、つまりは全てです。
7.コーティング 鏡面仕上げした塗装面を保護する工程となり、大きなくくりでいえば最終工程となります。このコーティング(塗装保護)が終了すれば、新車はいつまでもその新車以上の輝きを保ち、経年車両は眩く生まれ変わるのです。確実に感動を呼び、悦んでその車両を迎え入れる方をたくさん見てきました。その時の笑顔が、喜びの一言がマスターピースマンの励みです!!
コーティングにはお金で買えない価値がある。プライスレス!!

コーティング価格表(税別価格)

軽自動車 乗用車 ミニバン
乗用車 1BOX/RV S M L LL M LL
新車施行価格
(税込み)
¥55,000 ¥60,000 ¥65,000 ¥80,000 ¥100,000 ¥120,000 ¥100,000 ¥120,000
登録3ヶ月以上
(税込み)
¥66,000 ¥80,000 ¥85,000 ¥100,000 ¥120,000 ¥140,000 ¥120,000 ¥140,000
レクサス IS,HS,CT,SC GS,RX LS
BMW ミニ 1シリーズ,
3シリーズ,
Mクーペ,
Mロードスター,
Z3クーペ
3シリーズワゴン,
5シリーズ,
6シリーズ,
Z8
7シリーズ,
5シリーズワゴン,
X3,X5
ベンツ スマートクーペ,
スマートフォーツー,
スマートロードスター
Aクラス,
スマートフォーフォー
Cクラス,
SLK
CLK,CLS,
Cクラスワゴン,
Eクラス,
Mクラス
CLクラス,
Eクラスワゴン,
Gクラス,
SLクラス,
Sクラス
バネオ,
ビアノ
ボルボ S40,S60 V70 XC70,
XC90
アウディ TTロードスター A3,A6,S3,
TTクーペ
A6アバント,
S6
A8,RS,S8
VW ビートルカブリオレ,
ポロ
ゴルフ,
ジェッタ,
トゥーラン,
ビートル,
パサート
ゴルフワゴン,
ツアレグ,
パサートワゴン
オペル メリーバ アストラ,
ザフィーラ
アストラワゴン,
シグナム
プジョー 206,307,
1007
206ワゴン,
307ワゴン
407
ルノー メガーヌ,
ルーテシア
カングー,
グランセニック,
メガーヌワゴン
ランドローバー フリーランダー ディスカバリー,
レンジローバー
フィアット グランデプント,
バルケッタ,
パンダ,
vvvvムルティブラ
ジャガー Xタイプ,
Sタイプ
XJ,XK
ポルシェ ボクスター,
911カブリオレ
911,
ケイマンS,
カレラGT
アルファロメオ 147 GT,Brera 166,159
シトロエン C4,C3,C2 C5 C5ワゴン
サーヴ 9-3カブリオレ 9-3スポーツセダン 9-3スポーツエステート,
9-5セダン
9-5エステート

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ